スーパードライの新商品『生ジョッキ缶』が発売される、というニュースを聞いたのは、まだ春の頃だったでしょうか。
なんでも缶ビールなのに生ジョッキのような泡が出るとか。
しかも飲んでいる最中にも泡が出続ける、というんです。

ビールには、チトうるさい私にとって、にわかに信じられないことでした。
どうやら蓋が全開するようで、生ジョッキのように飲めるらしいのですが、
「なぜ泡が出続けるの?」という疑問は残ります。
「とにかく飲んでみるしかない」と思いさっそく買いに出かけましたが、
スーパー、酒店、コンビニ、どこにも売ってない。

「ああ、アレですか。アレはとにかくすごい人気で入荷してもすぐに売り切れちゃうんですよ」とのこと。
「ううっ、そう言われるとますます飲みたい! 」と意気込んで探してみてもどこにも見当たりません。
そしてネットニュースで「あまりの売れ行きにしばらく販売を控えます」とアサヒビールからのコメントが掲載されました。
「しばらくはダメだなあ」とあきらめるしかありませんでした。

そして7月に入ったある日、TV番組でこのビールを取り上げていて
 ・月に一回の割合で販売を開始する
 販売予定日はアサヒビールのホームページで発表する
との情報を得ました。

「そうか、そうか、よしさっそくチェックして購入だ!」とはしゃいだのですが、何しろ酒を飲みながらTVを見ていたもので、次の日にはすっかり忘れていました。

そして7月13日。午前中にメールチェックをしている時に突然思い出しました。
「そうだ、販売日調べるの忘れてた!」
あわてて調べたところ‥‥
「えっと今月の販売日は7月13日? ゲッ、今日だ。もう10時30分過ぎてる!!」
発売日は店の開店前から並ぶと決めていたのに、大きく出遅れてしまいました。

「ちょっと、スーパードライ買ってくる!」

リモートで自宅で仕事をしている妻に声をかけて家を飛び出しました。
1軒目、2軒目‥‥ありません。どうやらすべての小売店に入ってくるわけではないようです。
3軒目もダメ。そして4軒目のファミリーマート。

「あのビールなら入荷はしていますが、まだ並べていないんですよ」
「ええっ! *u”v$☆>i#♪ 」
興奮して何言っているのかわからなくなりました。

「ください!売ってください! それで、あのう家族で飲みたいので6本いただいてもいいですか?」

家族っていっても本当は夫婦二人暮らしなんですが、女性の店員さんはクスッと笑いながら売ってくれました。
天使に見えましたね。

ついに我が手に!

改めてホームページを見てみると、このビールは温度が大切で、いい泡を出すためには4°C~8°Cが最適らしく、冷蔵庫で冷やす際に逆さまにして冷やすのもよいそうです。キッチリ守りましたよ。
つまみも枝豆、豚バラ肉の串焼き、つまみ仕様の卵焼き等を揃え準備は万全です。

そして開封! いやあ缶ビール開けるのに、こんなに緊張したことはないですね。

小気味よい感触で蓋を取り様子を見ます。

「おおっ!」本当に泡がモコモコと立ってきました。想像以上に細かい泡です。
細か過ぎて画像では伝わりにくいほど。

飲んでみると、実にクリーミー!!! 大袈裟ではなくビアホールの生ビールと遜色ないレベルです。

「うまい!」ゴクゴク飲んで、さあ次のお楽しみです。テーブルに置いて静観します。
少しずつですが、再びモコモコと泡が立ってきました。感動です。

この泡の秘密は缶の内側の面に非常に細かな凹凸をつけているんだそうです。
私はてっきりサンドブラスト処理を施しているのかと思っていましたが、空き缶の内側をさわってみると、ほとんどわからないほどの細かさでした。
泡の出が悪い時は缶を手で包むとよいそうですよ。

久々にすごい缶ビールが出て来てしまいましたね。生きててよかった!

でも私のウチ、いっぱい飲むので、普段は第3のビールしか買えないんです。
キリンのラガー、サッポロの黒ラベル、アサヒのスーパードライ等の本物の一流のビールは誕生日とか、大晦日とか、何かのお祝いの時しか買えないんです。

困ったなあ。

スーパードライ 生ジョッキ缶の販売予定日/きれいな泡の楽しみ方 はこちらで確認できます
https://www.asahibeer.co.jp/superdry/namajokkikan/