ℹ️ この記事にはアフィリエイトリンクが含まれます

買ったのはこちら ↓

シャープ JD-S09CLR

今まで使っていた固定電話(FAX機能付)の子機が壊れてしまったための買い替えです。
親機は普通に使えたので、しばらくはそれを使っていたのですが、やはりコードレスの方が使い勝手が良く、新調することにしました。

そもそも固定電話要るの?

確かに。そういう話もあります。
でも、うちはたまに使うんですよね。
月々の料金も、ひかり電話とかなら安いですし。

スマホは電話カケホーダイ契約にしていないので、どこかに問い合わせをするときなどには通話料金の安い固定電話の方を使っています。あとは、なにかで電話番号の記入が必要な際には極力固定電話の方だけを書いているので(スマホに変な電話が来ないように。そして固定電話には基本出ない)それを続けようかと。
でもFAXはほとんど使わなくなったのでもう要らないかな。

新たな電話機に求めたのは

  • 普通に電話ができる
  • 留守録機能がある
  • コードレスで使える(子機だけ、みたいな)
    この3つ。

求めるものがこれだけだったので、ぱっと見でパナソニックのVE-GDS15DL-T シャープのJD-S09CLR の2機種を候補に決めました。

パナソニック VE-GDS15DL-T vs シャープ JD-S09CLR

今さらですが、チラッとスペックを比較しましょう。

パナソニックシャープ 
留守録最大で 12分、50件最大で 10分、50件
通話録音留守録と合わせて
最大で 12分、50件
留守録と合わせて
最大で 10分、50件
電話帳漢字 150件カタカナ 100件
迷惑電話対策ボイスチェンジ/男性のような
低い声に変えることができる
チャイム音/
来客を装うことができる


パナソニックの方が若干いいです。10年前ならパナソニックにしてたかも。

シャープ D-S09CLR の欠点

シャープは電話帳カタカナだし、「文字がゲジゲジで読みにくい」というレビューもありました。確かにドットが荒いのですが、今となってはそれもまた愛嬌のように思えます。
頻繁に使うのであれば読みやすい方が良いかもしれませんが、なにしろほとんど使わないので私はインテリア的な基準で選びました。

しかし、私にとってのシャープの欠点がひとつだけありました。
それは、リアルで留守電に入れている声が聞けないこと。(パナソニックは聞ける)
今までは留守応答中の応答メッセージや相手の声がスピーカーで流れていたのですが、それが流れない。いつも留守電にしておいて、知り合いの声が聞こえたら出るようにしていたのにそれが出来ない。
これは結構ショックでした。
ほとんどシャープを買うのが決まっている出来レース状態だったのに、「ううむ」と悩んでしまいました。
しかし・・・「固定電話にかけて来る知り合いが最近いただろうか?」と、自分に問うと誰もいません。万が一知り合いだったら折り返せばいいだけ、と思い直しました。
(案の定、購入から1ヶ月以上経ちますが知り合いからの電話はありません)

購入の決め手

決め手はやはりデザイン。見た目の好みです。

なんといっても赤がポイントでした。台座(というか、これを親機と呼ぶらしい)部分もコロンとしてかわいいし。

でも実は、これを買うのは賭けでした。
デザイン優先で買うので実物をパナソニックと見比べたかったのに、なぜかこちらは店頭に置いていなかったのです。量販店を3軒くらい回ったんですけどね。あっても厚紙にカラーコピーしたちゃちいハリボテでした。なぜでしょう? そういう戦略?
まぁかわいくて気に入ったので、結果としてはOKです。

置き場所も取らず、使い勝手も良いシンプルなコードレス電話。買い替えてよかったです。
うちはデザインが気に入ってシャープにしましたが、落ち着いた雰囲気がお好みならパナソニックも良いと思います。

よかったらシェアして下さい🐾