特に、独学での挑戦を考えている方へ

私は昨年、一昨年とこの試験を受けました。
結果は
2018年度、一次試験合格、二次不合格
2019年度、二次試験のみ受験し不合格。諸般の事情により次の受験を断念。
独学だったため、情報源はほとんどネット。そもそも独学ってどうなの? おすすめの教材は? など、いろいろ検索しまくりました。ですので、私と同じような人 — 関連知識がほとんどなく、あまりお金をかけず、独学で挑戦したい人 — に向けて、私が受験当時に知りたかったことや、役に立ったサイトのことなど 10個、書いておこうと思います。二次試験は不合格で説得力がないので一次試験の話だけですが、少しでもお役に立てば幸いです。

①独学でいける?

●独学で十分いけると思います。
ただし、当たり前ですが、一人だとまったく情報が入ってこないし孤独です。
そんな私の強い味方は 中小企業診断士試験一発合格道場 というサイトでした。
前年度の合格者数名が、学習法その他、ためになる情報をほとんど毎日更新してくれています。
試験対策に役立つことはもちろん、いろんな話が聞けて、仲間がいるように感じられます。

②関連知識がまったくないけど大丈夫?

●必要な勉強時間が取れれば大丈夫。
とにかく範囲が広くて大変ですが、天才・秀才でなければできない、というほどの難問ではありません。私は、大学の専門は心理学、現職は金融系の派遣社員。関係ありそうな資格は簿記3級くらいで、しかも30年ほど前に新人社員研修の一環でとっただけ、内容は忘却の彼方。という状態でした。

③勉強にかけた時間は?

●700時間程度
仕事等の関係で平日は夜2日だけ、2時間半程度。
休日は用がなければ朝から晩まで、8時間程度。
あとは通勤時間に関連書籍を読んだり、スマホで学習動画を見るなどしました。
2018年1月に勉強を開始し、8月4日・5日が試験だったので、これらを全部合わせると700時間くらいになるかと思います。
さらっと言いましたが、この時間をとるのは結構大変でした。
家族のいる人は家族の理解がないと、絶対に無理です。
テレビも一緒に見られないし、土日の外出も極端に減ります。
家庭内別居のような状態なら、自分勝手に勉強し放題でいいですが、そうでなければ、自分の息抜きも兼ねて、家族と過ごす時間もなんとか作ってください。
ちなみにうちは夫婦二人ともお酒を飲むので、勉強後はちゃんと(?)晩酌をしていました。

④使ったテキスト・問題集は?

TACのスピードテキスト、スピード問題集をそれぞれ全7教科分 24,797円
TACの通販サイトで【中小企業診断士 最短合格セット】として販売されていたもの(セット割引等はなし)。無料会員登録で15%off、送料無料とのことだったのでそれで購入しました。
試験攻略入門塾 速習!日商簿記3級[テキスト編]柴山政行 著 1,058円
仕訳のルールなどもまったく忘れていたため、この本で思い出しました。ほとんど簿記の知識がない人が、短時間で最低限の知識を得るためには最適な本だと思います。

※ 過去問も買おうと思っていましたが、そこまで勉強する時間がありませんでした。

⑤学習方法は?

●基本としては、適当な範囲のテキストを読み、その部分の問題を解く、の繰り返し。これを2周。問題集を中心にまた1周。できなかった問題はチェックをしておき、もう1周、という感じでした。
あとは…
●一発合格道場などの記事を拾ったりして頻出部分をまとめ、空き時間に見る
●通勤時に学習動画を見る

⑥ためになった本(私は図書館で借りました)

図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説 きたみ りゅうじ 著
情報システム系にうとい人は絶対に読んだ方がいいです。TACのテキストを読んでもぜんぜんピンと来なかったことも、かわいいイラストによる図解のおかげでなんとか頭に入ってきます。

⑦ためになったサイト

●前述の中小企業診断士試験一発合格道場
「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
私にとって経営情報システムのテキストは、「これは日本語で書かれている文章なのだろうか?」 と疑いたくなるくらいの代物でした。カタカナと英語を略したやつがたくさん出てきて、なんのことやらさっぱり頭に入ってきません。DMZ? DAIGOかよ、とか毒づきながら用語検索するうちに出会ったのがこのサイト。フレンドリーな文体とイラストで、超絶わかりやすい! クスッと笑えるところもあって、学びながら息抜きもできる超おすすめなサイトです。

⑧ためになった無料動画

石川秀樹先生の「速習!マクロ経済学」「速習!ミクロ経済学」
そもそもは同名の本が出版されており、その本の解説動画なのですが、私はこの動画だけ見てました。すみません。
はじめて経済学のテキストを開いたとき、訳のわからないグラフばかりで意識が遠のきましたが、コレで戻って来ることが出来ました。同じ思いの人は騙されたと思って見てください。1本が10分ちょっとなので、通勤などのすきま時間に最適です。
ほらっちチャンネル
中小企業経営・中小企業政策については、中小企業白書以外のところはほとんどこの動画で覚えた気がします。ほらっち先生が、照れながら披露してくれる暗記用語呂合わせが絶妙に記憶に残ります。

⑨かかった費用

● 総額 4万円弱
 内訳:テキスト・問題集代 25,855円
          受験料 13,000円
試験会場が遠い場合は、さらに交通費・宿泊代などが必要になります。

⑩模試は受けるべき?

●資格学校の模試は受けませんでした。
上位何人が受かる、という試験ではないので、受験生の中の自分の位置を知る必要もないと思い、私は受けませんでした。本番と同日程で緊張感ある予行演習をしたい人には有意義かとは思います。
ただし、セルフ模試は行いました。本番でどれくらいのスピードで問題をこなす必要があるのか把握するためです。これは絶対やった方がいいと思います。中小企業診断協会のホームページに試験問題と解答が載っているので、それを印刷して使用しました。本試験と全く同じスケジュールで行えば疲労の程度などもわかって一番いいのでしょうが、そこまでまとまった時間が取れなかったので、私は科目ごとに時間内で解く、簡易版を行いました。3年分を行って、時間感覚をつかむことができました。

いかがでしたでしょうか?
ちなみに二次試験は一次試験とは違い、知識だけでは合格できません。ただの記述式というのとは違い、診断士試験独特の約束事に則った解答をすることが必須です。まずその約束事を把握し、その枠の中できちんと文章にまとめる力が必要であり、一次とは勉強方法も変わってきます。その解説は他に譲りますが、受験するぞ!と決めたみなさんはぜひ、そこまで頑張ってください。